Diagnosis

無料屋根診断

ノウハウを活かし
屋根のトラブルを診断

瓦を用いた物か、スレート系か、屋根に用いている素材や工法によっても異なりますが、何らかのトラブルが発生している際には、割れや欠け、退色やチョーキングなどの異常が見られます。屋根のリフォームを検討している方に対して、屋根の現状を的確に診断し、見つかった異常を元に、様々なリフォームのプランの中からシチュエーションにふさわしいものをご提案しております。

1分で出来るカンタン屋根診断

築年数がだいぶ経つけどいつリフォームすればいいのだろう……
あまもりしてこないか心配…
このようなご心配をお持ちの方は、ぜひ「カンタン屋根診断」を試してみてください。屋根をリフォームすべきかどうかがカンタンにわかります。
下記チェック項目に2つ以上当てはまる方は、屋根リフォームを検討されたほうがいいかもしれません。施工業者に相談してみましょう。

和瓦系(セメント・モニエル瓦含む)

  • 瓦が割れている
  • 瓦がズレている
  • 棟の部分の漆喰が崩れている
  • 変色している
  • 現状の屋根に葺き替えてから(または新築から)20年以上経っている

スレート系
(カラーベスト・コロニアル含む)

  • 部分的に釘が抜けている
  • 屋根材が剥がれて下地が出てきている
  • 屋根全体の塗装が剥がれている
  • 変色がある
  • 表面にコケやカビが発生している
  • 屋根材がひび割れている
  • 手で触ると白い粉が付く(チョーキング)
  • 浮いたり、波打ったりしている
  • 現状の屋根に葺き替えてから(または新築から)5年以上経っている

トタン(金属)系・ガルバリウム鋼板

  • 屋根の一部が錆びている
  • 塗装が剥がれている部分がある
  • 屋根材が浮いたり、波打ったりしている
  • 変色している
  • 手で触ると白い粉が付く(チョーキング)
  • 雨のときや強風時に金属音がする
  • 部分的に釘が抜けている
  • 現状の屋根に葺き替えてから(または新築から)10年以上経っている